本当の姿?

t-nakanishi

先日、生徒の小学校の公開授業にお邪魔しました。

子どもたちに気づかれないように潜入…

のつもりがすぐにバレます(笑)

 

2年生は元気に手を振ってくれましたが、

4年生以上は見なかったことにされちゃいます…。

 

でも、一番前の席に座って板書を写している姿を見ると、

我慢ができず前のドアのところから口パクで「が・ん・ばっ・て!!」なんて応援しちゃいます。

習熟度別の算数でいいクラスにいる生徒をみつけると、

心の中で「よしよし!!」とガッツポーズをしちゃいます。

 

今回は2日間で国語、算数、社会、図工、音楽、家庭科の授業を見学できました。

 

単純に学校の授業の質を見ることもでき、

子どもへの声のかけ方を勉強させていただくいい機会でもありますが、

私の一番の目的は『塾で見せる姿以外の子どもの姿を見ること』にあります。

 

ONE STEPは個別指導塾です。

学力的に集団塾では追いつけない…という理由から選ばれることもありますが、

大勢の中で質問できない…といったお子さまのタイプで選ばれることも多くあります。

 

なので、教室で元気いっぱいな子が、実は学校だとおとなしかったり、

教室でいっぱい質問してくれる子が、学校では手があげられなかったり…。

 

色々な顔を持った子どもたちを見ることができるのでとても楽しく参加させてもらっています。

 

もちろん塾でも学校でも元気いっぱいで、

積極的に授業に参加できることが望ましいです。

そこで、できるだけ教室では「できた」「わかった」経験をたくさん積ませ、

自信をもって学校でも授業に臨めるようにサポートしていきたいと考えています。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です