やっているからこその不安

t-nakanishi

本日で五中と二中のテストが終わりました。

受験生にとっては内申を決定するテストでした。

 

夏休みが明けてからすでに2回のテストがありましたが、

テスト前に毎回一人で自習に来て黙々と取り組んでいた子がいました。

 

夏休み中は友達と楽しそうにおしゃべりをしていて緊張感は感じられませんでしたが、

ここ2回のテスト前は別人のように緊張感を漂わせていました。

 

「あー、この子は間違いなく成績が上がるな。」という雰囲気もプンプンしていて、

講師も「わからないところがあったら聞いてよ。」と声掛けを行っていました。

 

先週、自習に来たときに「やってもやっても不安なんだよ…。」とつぶやいていました。

 

そのとき講師は言いました。

「やっているからこそ不安になるんだよ。成績が上がる前に陥る不安だから大丈夫だよ。」

 

勉強時間が足りないと、自分がわかっていないところもわからずにいます。

とりあえず提出物を終わらせることばかりに集中してテストに臨みます。

そうすると勉強時間はかけたつもりでも、結果が伴わないのです。

 

前にも書きましたが、勉強は量ではなく質

 

もちろん自信たっぷりに挑める準備も必要ですが、今回のような不安は成績アップにはつきもの。

 

どんな結果が出て、これからの行動が変わるのか楽しみです。

 

 

“やっているからこその不安” への 1 件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です