徹夜は逆効果!?

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

先日、このブログで『テスト前日の調整法 5か条』なるものをお伝えしました。
テスト前日はこう過ごせ!)参照

今回はその5か条の中から、前回お伝えし切れなかった内容を
もう少し具体的にお話しさせていただきます。

〇徹夜は絶対にしてはいけない

このポイントは、「短期記憶長期記憶」です。
徹夜をすると、それだけ長い時間勉強したのだから、
覚えられた量も多く、何より勉強した!って気持ちになりますよね?
時間をかけた分だけ成果が得られると。

でも、これ実は逆効果なんです。

人間の脳は、覚えたものを短期記憶としてしか保存してくれません。
これは、すぐに忘れてしまうものです。
忘れないようにするためには、長期記憶に変える必要があります。

短期記憶が長期記憶に変わるのは、寝ている間なんです。
だから、徹夜は厳禁!
徹夜をしても、睡眠をしっかり取るほどは効果が得られないというのは、
科学的にも実証されています。

徹夜は絶対にしてはいけない。
伝わりましたか?

〇当日の朝は、教科書を読むな!

「オイオイ!何言ってんだ??」
そんな声が聞こえてきそうです。

実際、テスト当日に教科書を見るという人の方が多いですよね?
そんな実状を理解しているにも関わらず、何故このようなことを言うのか・・・。

これにはもちろん理由があります。

それは、
 〇記憶に残らない
 〇情報量が多く、不安になる(逆効果)
といったことから。「徹夜をするな」ということにも通ずることですね。

ちょっと、テスト当日を思い浮かべて下さい。
学校に行きテストを受けるまでの間、教科書をじっくりと読む余裕なんてありますか?
・・・ないですよね。
出来て流し見る程度。その程度だと、読まないのと同じです。だって、記憶に残らないですから。
加えて、ページをめくる度に文字が多く情報が大量に感じられ、
本当にこれらを覚えているのか、段々と不安にかられ自信が薄れていくなんてことも・・・。

自信喪失

これは、テストはもちろん、勝負事では最大の敵です!
逆に「絶対にできる」と思い込む強い気持ちが必要なんです。
ですから、当日不安にならないためにも、教科書は読まないようにしましょうね!

でも、「絶対にできる」と思い込むのは、意外と難しいことです。
ただ思い込めば良いというわけでもないですしね。

じゃあ、どうすれば良いのでしょう???

「絶対にできる」、そう思い込むためには自信が必要ですよね。
自分を信じると書いて「自信」。

「これだけやったんだから」と思えるまで頑張り抜く。
そうすることが自分を支えてくれますし、自分を信じることができるようになるのです。

体と心が一致して、初めて最大限の成果を得ることができます。
今まで頑張ってきたことが積み重なり、それが自信につながったら・・・。
きっと望む結果が得られるはずですよ!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です