対応できるのは7度まで

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

昨日に引き続き気温のお話しになってしまいますが、
ここ数日、季節外れの陽気が続いています。

今日、テレビで天気予報を見ていたら
今日の最高気温は28度です
と言っていました。
10月なのに28度ってすごいなと思っていると、
ただし、この陽気は明日まで。明後日には気温が
グッと下がりますのでご注意下さい

と続きました。

何でも、明日まで今日のような気温が続くが、
明後日には18度位まで下がるんだとか。
つまり、一気に10度も気温が下がるわけです。

『寒暖差に気を付けましょう!』
とはよく言いますが。
さすがに一日で10度も気温が変わる
ことは滅多にないですよね!?

実際、自律神経が対応できる温度差は約7度
言われているそうで、それ以上になると身体が
適応できなくなってしまうみたいなんですね。

また、暑い時は放熱を、寒い時には加熱・保温を
行うように私たちの身体は出来ていますが、
寒暖差が激しいと放熱と加熱の切り替えを激しく
行わなくてはいけなくなり、気温が一定の時の
数倍のエネルギーを消耗するとも言われています。

だから、気温差(寒暖差)が激しいと
体調を崩しやすくなってしまうわけです。
自律神経の乱れは、食欲不振・疲労などに
つながってしまいます。

こんな時は、
〇脱ぎ着しやすい服装
〇ぬるめのお風呂
などでしっかりと体温調整できるようにしましょう。
もちろん、バランスの取れた食事と充分な睡眠が
必要なのは言うまでもありませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です