全てを疑え!?

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

先日テレビを観ていたら、こんな報道がありました。
“トランプ米大統領が「米国は中日韓その他多数の国で
巨額のお金を失っている。それらの国は25年にわたって
殺人を犯しながら許されている」と伝えている。”

◇殺人を犯しながら許されている。(『They’ve gotten away with murder』)◇

随分と過激な発言です。
でも、「トランプ大統領だったら言いそうかも。」
なんて思っていました。

ところが、この『They’ve gotten away with murder』は、
直訳すれば確かに上のような意味ですが、
これ慣用表現としての言い回しなのだそうです。

『get away with murder』
好き勝手なことをする」とか、「何をしても許される
といった意味。
つまり、
中日韓などの国は好き勝手にやってきて
アメリカ合衆国は巨額の損をしていまっている。

と言いたかったということですね。

それを例えで使っているのにもかかわらず、
直接の意味として捉え、報道してしまった。

例えば、なんでしょう。
骨が折れる」という慣用表現がありますよね。
これ、『非常に苦労をする』といった意味で使われる言葉ですが、
いや~、無くしたものを見つけるのに骨が折れたよ
なんて言ったら、「えっ?探している途中に骨を折ってしまったんですか?
と騒ぐようなものですよね(笑)。

目に入るもの、聞こえて来るもの全てを疑ってかかれと
言います。
必ずしも伝えられていること全てが真実では
ないかもしれないよ、と。
この件は、その最たる例ですね。

偉そう(?)に言っている私も、慣用表現なんだと
知る前は、「殺人を犯して・・・」なんて発言したと信じてました(笑)。
ですから、改めて気づかされたというか
勉強になった今回の報道でしたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です