自己肯定感が低い?

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

前回に引き続き、今回もサッカーワールドカップの
話題です。
同じ話題ばかりで申し訳ないですが、
4年に1度のことですので大目に見て下さい(笑)。

昨日、日本は初戦を迎えました。
結果はご存知の通り2対1での勝利。

果たして、この結果を予想していた人が
どれだけいるのか。
日本が勝てると信じていた人が
どれだけいるのか。

前回の記事では、ロシアの人々が
自国の活躍を心から願っているという
ことを書きました。(参照:世界最大の祭典

ロシアは開催国ですが、優勝候補に挙がる
国かというとなかなかそうではない。
にも関わらず、国民は自分たちの代表を
精一杯応援しているし、勝ってくれると
信じているわけです。

その想いが通じたのでしょう。
ロシアは第1戦で大勝したのに続き、
第2戦では格上と言われている
エジプトに勝ちました。

一方で、日本はどうでしょう。
自分たちを信じ切れていないですよね。
自分たちは出来ると思えない所がありますよね。

日本人は、自分で自分のことを
褒めなさ過ぎだとある人が言っていました。

自分たちの持っている良さに目を向けるよりも、
ダメな所・足りない所ばかりに目を向けてしまう。
勝負の前から諦めてしまう。
相手を必要以上にリスペクトしてしまう。
自分を信じきれない。
自己肯定感が低い。

勝負はやってみなければ分かりません。
実際、幸運にも恵まれたとはいえ、
日本も格上と言われていたコロンビアに
勝てたわけですから。

出来ないものに目を向けるのも
もちろん大事なことです。
ただ、自分たちには何が出来るのか
良さは何かに意識を向けることも
同様に大事なことだと思うのです。

日本が快進撃を続けてくれれば、
国民みんなが誇りを持ち、
日本という国に胸を張れるように
なるかもしれませんね。

・・・と、大会が始まる前までは
『どうせ勝てないよ』と思っていた私が
偉そうに言ってみました(笑)。

最後に。
昨日の教室での会話をご紹介。

授業が終わり帰宅する時になって、
講師と生徒がサッカーの話題で
盛り上がっていました。

早く帰って日本戦観なきゃ
日本勝てるかなぁ~
テスト前だから勉強しながら観ます
といった会話をしている中で、ある女の子が一言。
相手(コロンビア)のチームに、一人カッコいい人がいるから観ます

さすが、女の子です。
注目する所が違いますね(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です