水の飲みすぎにも注意??

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

暑い日が続いています。
毎日のように、色々な所で
『観測史上初』が起きています。

名古屋で観測史上初の40℃超え。
お隣の韓国でも連日40℃近くまで
気温が上がり、欧州では50℃近くにまで
気温が上昇しているとか。

8月も7月と変わらない暑さが続くようです。
当然、熱中症対策はしっかりとしていかなければ
なりません。

熱中症を防ぐには、何よりも水分補給が
大事ですよね。
ただ、この水分補給も気を付けないといけない
ことがあります。
それはずばり、『摂り過ぎないこと』。

何故、撮り過ぎると問題なのか。
水分を過剰に摂取すると、血液のナトリウム濃度が
低くなってしまいます。
これが頭痛などを引き起こすのです。

もちろん、水分を摂るなという話ではないですよ?
水分はしっかり摂っていく。それが大事。
ただ、水分だけだとナトリウム不足に
なってしまうので不十分。

ここで力を発揮するのが、『塩』です。
理科の授業で教わった生徒も多いと思いますが、
塩は別名『塩化ナトリウム』と言いますね。
そう、塩はナトリウムなんです。
(厳密には、全く同じものではないですけどね)
ですから、塩を摂ることがナトリウムを
補充することにつながります。

まだまだ暑い日が続きそうです。
夏はこれからが本番。
楽しい思い出を作るためにも、
有意義な休みにするためにも、
正しい熱中症対策を心掛けましょうね。

関連ページ;
危険な暑さ
暑い中での対応!
不要不急の外出は控えましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です