同じW杯でも

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

いよいよ始まりました、ラグビーの
ワールドカップ(以下、W杯)。
初めてのアジア開催となる今回は
第9回大会となります。

昨日は開会式と共に開幕戦も行われました。
皆さんご存知の通り、日本がロシアと戦い
見事30対10で勝利しました!

どんな大会でも初戦は難しく、大事と
言われます。
そんな中、幸先良く『勝ち点5』を獲得した
わけですから良いスタートを切れたのでは
ないでしょうか。

・・・とここで、「ん?」と思った人はいませんか?
勝ち点5?? 1試合勝ったんだから、勝ち点3じゃないの?
そう思った人は、サッカー観戦に慣れている人!

実は、同じW杯・同じ球技ではありますが、
サッカーとラグビーでは勝ち点の算出方法が違うんですね。

サッカーW杯では     ラグビーでは
勝利・・・勝ち点3    勝利・・・勝ち点4
引分・・・勝ち点1    引分・・・勝ち点2
敗戦・・・勝ち点0
    敗戦・・・勝ち点0

ですが。         です。

しかもラグビーには
勝敗にかかわらず4トライ以上挙げた
7点差以内の敗戦
には、ボーナスポイントとして勝ち点+1
が加わります。

ですから、例えばサッカーでは何点取っても
負けてしまえば勝ち点はもらえませんが、
ラグビーの場合は
4トライ挙げた7点差以内の敗戦
であれば、負けても勝ち点2がもらえるのです。

何故こうなったのか。
やはりラグビーの醍醐味は『トライ』ですよね。
そこに重きを置く・トライにより価値を
置こうということで、そうなったわけです。

実は、サッカーも以前は
勝利・・・勝ち点2
の時代がありました。
これだと、勝利と引分の差(価値)が
』しか違わなくなってしまいます。

勝負に出ず、安全策(引き分け)ばかりを狙うような
試合では観客もドキドキワクワクしませんよね。
ですので、勝負に出て勝ったチームに
その恩恵がいくよう、勝ち点の変更が行われたのです。

昨日の試合に話を戻しますと。
日本は、
勝利』『4トライ以上挙げた
⇒勝ち点4+1=5
一方ロシアは、
敗戦』、しかも4トライもないし、7点差以内でもないので
⇒勝ち点0
となっています。

次戦は世界ランキング1位の
アイルランドとの勝負。
厳しい戦いになることが予想されますが、
勝敗だけでなく、トライ数や点差などにも
気を配りながら観るとより楽しくなるはずです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です