校名が消える・・・

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

先日、こんなニュースを目にしました。
『能代工業の名前が消えることが正式に決まった。』

能代工業と言えば、全国制覇58回の高校バスケットボール界の名門です。
漫画『スラムダンク』内に出てくる『山王工業』のモデルと
しても有名ですよね。
日本人初のNBAプレーヤーとなった田臥勇太選手の
母校としても有名です。

それが、近隣の高校との統合を機に
『能代科学技術高校』という
校名に変わるというのです。

校名を残そうということで署名運動なども
行われたようですが、その願いもむなしく
決定してしまったと。

私は当事者ではありませんので、
外野?から無責任な意見を言うようですが、
校名が消えるというのはなんとも寂しい限りですね。

私が中学・高校生の頃、サッカーでは
『清商(きよしょう)』の呼び名で知られた
清水商業高校が強豪校として有名でした。
日本代表にもなった、川口選手や小野選手の出身校です。

こちらも能代工業同様、校名を変えています。
そして、校名を変えたから・・・というわけでは
ないでしょうけど、最近はサッカーではほとんど
『名前』を聞かなくなってしまいました。

校名を変えたから結果を残せなくなったのか、
スポーツ(だけ)に力を入れなくなったから
結果を残せなくなったのか。
どちらかは分かりませんが、一ファンとしては
なんとも言えない気持ちになってしまいます。

子どもの数が減ってきている現在、
統合再編は当然の流れなのかもしれません。
ただ、バスケットをやってこなかった私ですら
寂しいと感じるわけですから、バスケットを
やってきて人にとってその想いはより強いでしょう。

一つの時代が終わってしまった。
そんな感じがします・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です