当たり前のことを当たり前に出来る幸せ

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

朝、家で支度をしていると近くの小学校から
「紅組、頑張って下さい!」
という声が聞こえてきました。
運動会です。

近頃は5~6月に運動会を行う学校も増えていますので、
『運動会と言えば秋』
というイメージもだいぶなくなってきたかもしれませんが、
やはりスポーツの秋ですから。
運動会はこの時期が良いと個人的には思っています。

今日はちょっと肌寒いくらいの気温ですが、
体を動かすにはちょうど良いかもしれませんね。

そんなことを思っていたら、ちょうどテレビで
運動会のニュースをやっていました。
避難指示が解除された、福島県のある小学校での
運動会です。
子供から大人まで、みんなで楽しんでいる様子が
映し出されていました。

インタビューを受けた方は、
「運動会ができるなんて思ってなかった。」
と感想を述べていました。

そうですね。
避難している時は、生活していくことに
精一杯だったと思うんです。
心身共に余裕がなければ運動会をしようと思えない
でしょうから。

また、
「日常を当たり前に送れることが、これほど
嬉しいことだとは思わなかった」
とも言っていました。

最近、私自身や私の周りで様々なことが起きるので、
日々生活出来ていることに感謝しないと
いけないな、と改めて感じた次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です