今しか出来ないことを

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

3月も後半に差し掛かってくると、
『次』に向けての動きが活発になってきます。

新高1の生徒が、学校(高校)に
教科書を受け取りに行ってきたと
伝えてくれました。
新中1の生徒は、制服採寸に行って
あとは制服が届くのを待つばかりとのこと。

新しい教科書に、新しい制服。
なんかワクワクしますよね。

何度かお伝えしていますが、教室でも
新学年に向けた学習が始まっています。

新中1は算数→数学に切り替わりますし、
英語も本格的に学習がスタートします。
高校に入学すれば、それぞれの教科が細分化され、
一つ一つがより深い内容になっていきますから、
今のうちから『触れておくこと』『知っておくこと』は
入学以降の学習をスムーズに進めてもらうためにも
必要なことです。

・・・と、新年度と言うとどうしても私たちは
学習面ばかりに目を向けがちです。
それに『先』を見据えがち。
でも、今じゃないと出来ないこともありますよね。

現中3生のKちゃん。
彼女が授業の振替をお願いしてきました。
何で?と理由を聞くと、授業がある日に
友だちとディズニーに行く約束をしたんだとか。

先日もここで書きましたが、(参照:色々ありましたが
今年の受験生は『制限』『制約』『限定』
・・・と、不自由なことばかりでした。
高校に入学し、学校生活が始まってしまえば
今いる友人とも頻繁には会えなくなるでしょうし、
当然どこかに出かけるなんて機会も
減ってしまいます。

今だからこそ出来ることをとにかくやって欲しい。
毎年受験を終えた生徒にはそう思いますが、
特に今年はその想いが強いんですよね。

頑張る所は頑張り、楽しむ所はめいいっぱい楽しむ。
そうでなければ、生活が豊かになっていきませんもんね。
Kちゃん、楽しんできて欲しいなぁ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です