小暑

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

本日は何の日でしょう?
そう聞かれると、だいたいの方が
『七夕』と答えると思います。
もちろん今日は七夕ですが、暦(こよみ)で言うと
今日は『小暑(しょうしょ)』なんですね。

1年を二十四分割したものを二十四節気(にじゅうしせっき)
と呼びますが、『立春』から始まり『大寒』で終わります。
小暑とは、その二十四節気のうちの一つです。

小暑には暑さがどんどん強くなっていくという
意味があります。
この頃から本格的に暑くなっていくわけですね。

ですから、小暑とは『夏の合図』。
この言葉を見聞きしたら、本格的な
夏を迎えるものだと思って下さい。

ちなみに、次の二十四節気が『大暑(たいしょ)』。
今年は7月22日です。
この小暑から大暑までが1年で一番暑い
時期だと言われています。

その時期(小暑と大暑の間)を指して『暑中』と言います。
ですから、暑中見舞いはこの時期に出すのが
正しいタイミングです。

ここ数日は湿度も高く、蒸し暑い日が続いています。
島国特有の蒸し暑さです。
これに、さらに暑さが増すとなれば・・・。
クーラー無しでは過ごせないですよね。

夏本番に向けて、準備は良いでしょうか。
強い日差しと共に気温が一気に上がるので
みなさん体調管理には充分気をつけて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です