テレビも悪くない?

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

先日、小学生の授業をしていた時のことです。
国語の授業で『季節を表す言葉』というものが
出てきました。

春分・秋分、夏至、冬至。
大みそか、元日、正月、除夜の鐘
などなど。

春分、秋分など、二十四節気を
表す言葉は別としても。
大みそかや元日などは、年末年始によく
見聞きする言葉ですよね。

どれもこれも知っているものだと
思って小学生に聞いてみると、
知らない(聞いたことない)・・・
との返答が。

年末から年明けに、テレビ観ない?
⇒「あんまり観ない
12月31日から年が明ける時
起きてたことある?
⇒「寝ちゃってる

なんとか大みそかだったり、元日という言葉を
理解してもらおうと思うのですが、
取り付く島もありません(笑)。

そっか、学校で教わる機会がなければ
知ることもないのか。。。と思いましたが。
同時に、じゃあ私は当然のこととして知っているものは
どこで知ったものなんだろう?とも思ったんです。

それこそ、学校の授業で
12月31日は大みそかです。
1月1日は元日です。
と教わった記憶はないんですよね。

じゃあ、どこで知ったのか(覚えたのか)というと
全てテレビを観ていて得た知識だったんですね。
『知識』と言うほど大層なものでもないですけど(笑)、
年末年始に家族でテレビを観ていて、何度も大みそかだ
元日だと見聞きすることで自然と覚えたものだった、と。

そう考えると、テレビを観るのも
決して悪いことばかりではないですよね。
私が口であれやこれや言うよりも
パッと映像を観るだけで間違いなく
伝わるものがある。
テレビを観ることで、得るものも
当然あるわけですよね。

知識を得る機会が無くなるのではないか

そんな理由から、『本を読まない子どもたち』
が幾度となく取り上げられています。
でも、昨今の状況を考えると近い将来
『テレビを観ない子どもたち』
が問題になったりして。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です