shiasa

授業について


授業は、学校がある期間は≪通常授業+定期テスト対策授業≫を実施しています。
学校が長期休暇に入る期間は≪期別講習授業≫を実施いたします。

 

通常授業について

 1:3までの個別指導 
生徒は、自分の個別の席に座り授業をします。
講師が同時に一方向へ授業・説明をするのではなく一人ずつ個別学習プランに沿って授業をしていきます。

 授業は解説と演習 
まず、講師から解説をしてもらいポイントを理解してすぐに問題を解いてみます。
問題が解き終わったら講師にチェックをしてもらい、次の解説を受けます。
授業は、講師からの【解説】と自ら問題を解く【演習】を繰り返します。
講師が一人の生徒に解説をしている間、他の生徒は問題を解いています。

 問題演習の時間はたっぷりとります 
ポイントを理解して演習で確認する。この作業を繰り返すことで知識の定着を図り実力を伸ばしていきます。
定期テストや試験や入試では、自分ひとりの力で問題を解き進めていかなければいけません。
そのために、問題演習の時間はたくさんとり自分で考える力をつけていきます。

 それでも講師はすぐそばにいます 
自分で考え・調べながら演習を進めていきますが、それでも講師はすぐ近くにいるので、
解答の手順を確認していたり、ノートの書き方に目を配っています。
自分で考え・調べても分からない所は、すぐそばにいる講師に聞くことができます。
「先生。ここって○○ってことですか・・・?」
「先生。ここ分からないので教えてください。」

そんな声が生徒からあります。

 すぐそばにいる講師は・・・ 
講師は、生徒個々に合わせて「分かる」から「出来る」にするにはどうしたらいいのか常に考えています。
生徒本人といっしょに相談をしながら、本人の希望に沿うよう授業を進めていきます。
生徒のことをよく見て・知っている一番の理解者でありたいからです。
また、
講師全体での研修では、さまざまな解説のバリエーションの研究はもとより
より効果的な演習方法を考え授業に取り入れています。

 塾ではたくさん間違えなさい! 
講師は、生徒へ「塾ではたくさん間違えていいんだよ。」と声をかけています。
前出のように、学校の授業や定期テスト・試験・入試などの本番でしっかりと出来ればいいので、
塾の授業の【演習】の時間では、たくさん間違えてたくさん直していくことを伝えています。
間違いから気づくこともたくさんあるので、授業中に横から生徒の解答を見ていてミスに気づいても
講師は、グッとこらえて敢えて声をかけない場面もあります。
≪考える⇒分かる⇒できる⇒楽しい⇒もっとやってみよう!≫ という
サイクルを作りだす授業をしています!

 

 

定期テスト対策授業について

 ①普段の授業と何が違うの!? 
定期テスト対策授業では、テストで得点できるよう指導しています。
普段受講している科目は、通常授業で予習・復習を行いますが、普段受講していない科目・・・
普段は忙しくて手が回っていない科目・・・ 特に苦手な教科や単元・・・
理科や社会など、定期テスト対策授業で集中的にテスト前に勉強を進めることができます。
テストでの得点が狙いなので、各教科テスト範囲のみを扱います。
通常授業もテスト前には、テスト範囲の復習を扱います。

②どんな教材を使うの!? 
通常授業と同様に、定期テスト対策授業用の個別学習プランを作成します。
個別学習プランは、各学校の過去問を利用し出題範囲を予想し作成しています。
教材も、塾で使用している学校の教科書に沿った問題集を中心に使用します。
プランによっては、学校のワークやプリントを使用する場合もあります。
テストでは、学校のワークやプリントから出題されることもあるので、
しっかりと得点できるよう工夫したプラン・授業内容となっています。
『なかなか提出物のワークを一人でテスト前までに計画的に進められない。』
『提出日までに範囲を終わらせ提出できない。』
という子は、塾の授業で扱ったり、宿題に組み込んだりしております。

③いつから始まるの!?
定期テスト対策は、テスト1か月前からスタートします。
テスト範囲表が出てからお申し込み・授業を始める方が多くいらっしゃいますが、
テスト1か月前から計画的にテスト勉強を進められるようにしております。

④お金はかかるの!?
追加授業料として、各学年の授業単価にて回数分の授業料をいただいております。
希望の日程と回数を合わせて配布している申込書をご提出ください。

⑤何回ぐらい必要なの!?
もちろんテスト範囲や目標点や普段の学習量によっても違いますが、
各教科3~5回を目安にしてください。
テスト勉強を自分で進めてこず、テスト前に1回だけ・・・というのでは、結果は出にくいのでお断りする場合もございます。
塾は、あくまでも普段の勉強のサポートですので、自分で勉強を進めるという大前提は必要です!

⑥いつまでに申し込めばいいの!?
空いていれば前日でもお申し込みができます。
座席数には限りがありますので、先着順でのお申込みになります。
特にテスト前1週間は、座席数の関係上満席でお申し込みいただけない場合もございます。
早めにテスト勉強を進めましょう。