shiasa

日本語検定


教室では新学習指導要領でも重視されている「言葉の力」を継続的に向上させていくことを目的とし、
【日本語検定】を導入しています。

子どもたちの国語の授業をしてみると・・・
普段の言葉づかいなどを聞いていると・・・

『もっと正しい日本語を使えるようにさせていきたい』と感じることが多くあります。
言葉遣いや文法も含めて正しい日本語のあり方を学習していくために、
この検定を導入し年間2回(6月・11月)の受検機会で、現在の自分がどこまで「言葉の力」を身につけているのか、
1年たち2年たってどこまで「言葉の力」が伸びたのかをこの検定で確かめていけるようにします。

【日本語検定】は、漢字力や語彙力に加え、敬語、文法、言葉の意味、表記など、
6つの領域からなり言葉の総合的な運用能力を育むものです。

総合的な日本語能力を身につけ自分の言葉で正確に思いを伝えることで、コミュニケーション能力も高まります。
文部科学省後援事業としての検定なので、教育界だけではなく経済界などにも後援されています。
高校・大学の入試や企業の採用時に認定者を優遇する学校や企業も増えています。

子どもたちに挑戦する心と次の目標にしてもらい、学ぶ機会として楽しく「正しい日本語」「美しい日本語」を
身につけ改めて日本語の素晴しさや日本文化、日本語をより身近なものとして使いこなして欲しいと考えています。

ONE STEPでは、この【日本語検定】を教室で受検することができます
塾内生に限らずどなたでもの受検も出来ますので、お気軽にお申込下さい。
ご兄弟ご家族で取り組みどんどん上の級にチャレンジしてみて下さい。

詳細は日本語検定のホームページにて日本語検定ホームページ