今年の漢字開票結果/2017年
t-nakanishi
先週1週間かけて行われた『今年の漢字を予想しよう!』イベントですが、生徒だけでなく、講師も、送り迎えの保護者様も一緒になって盛り上がりました。 そして、今日、今年の漢字が発表されました!!
問題に解き慣れろ!
h-nakanishi
今回の担当は、 恩多町教室・教室長の中西です! 冬期講習で、たくさん問題を解くことも多くなってますが、 まだまだ足りないなぁ・・・と思ってしまうことも多々あります。 勉強が出来る・出来ない。頭がいい・悪い。 関係なくそもそも問題自体に慣れていない子が多いです。 出題形式に慣れていない。
変わってきています
ONESTEP
こんにちは、学園町教室教室長の白澤です。冬期講習が始まって1週間。当然、勉強の取り組みはどうなのか、勉強は計画的に進められているのかが気になりますので、生徒一人ひとりに声掛けをしています。先日、中3生のKちゃんに声をかけた時のこと。
細かく分析して!
h-nakanishi
前回の記事で、過去問の取り組み方を紹介しましたが、 教室ではこれから迎える入試のために準備をして冬期講習を進めています! 都立入試の仕組みとして事前に入試当日で取らなければいけない点数が計算できるので、 全生徒の当日必要点を算出したうえでこれから入試までで扱うべき問題をプランに盛り込んでいます。 生徒それぞれの得意科目や苦手分野、得点す
過去問の取り組み方
h-nakanishi
受験生から「先生。過去問はやった方がいいんですか?」と質問を受けることがあります。 生徒によって返答を変えています。 「もちろん!やった方がいいよ。」 「過去問?やらなくていいよ。それよりもやることあるから!」 ということもあります。 生徒によって返答を変える理由は、割愛しますが、今回は過去問の取り組み方をご紹介します。 過去問はやってください! 過去問はただやるだけでは意味がありません。 しっかりと目的をもってやることで初めて意味のあるものになります。
難しくなっています
ONESTEP
こんにちは、学園町教室教室長の白澤です。一昨日、大学入試センターから11月に実施した 試行調査(プレテスト)の問題と結果の速報が公表されました。 複数の文章や資料を基に答える問題を多く設け、ページ数が増加。『正しい選択肢を全て選ばせる』などの出題もあり、「難度は上がった」と言って良いでしょう。
今年の漢字~2017~
t-nakanishi
毎年この時期になると教室でも今年の世相を表す漢字一字を予想するイベントを行っています。 思い思いの漢字が投票され、盛り上がるイベントの一つです。 ご家族でも考えてみてください。
温かい格好!
h-nakanishi
今回の担当は、 恩多町教室・教室長の中西です! 今日も寒いですね! 12月に入り、1日1日寒くなっている印象です。。。 だんだんと寒くなるこの頃 生徒とはと言うと・・・まだまだ薄着の子が多いです。
お尻に火をつけて!
ONESTEP
こんにちは、学園町教室教室長の白澤です。12月に入り、恩多町教室・学園町教室共に 冬期講習がスタートしています。 だいたいどの教科も、習った内容の復習からスタートしていますが、授業中に聞こえてくる生徒の声に耳を傾けると。。。