ブログ

2週連続!

h-nakanishi

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

今日は、2週連続の祭日でしたが授業でした!
先週は、修学旅行明け・文化祭明けなどでバタバタしましたが、
今日の祭日は落ち着いた穏やかな1日でした~!

「お休みだったけど、塾来るまで何してたの~?」 と、聞くと “2週連続!” の続きを読む

ついていけば分かりますよ

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

教室近隣の南中・3年生は、来週末に修学旅行へ行きます。
修学旅行を終えるとすぐ中間テストとなりますので、
なかなかハードなスケジュールではありますが、でも生徒たちは楽しそう。

そりゃあそうですよね。
修学旅行と言えば、中学校生活で一番と言っても良いくらいの一大イベント。
たくさんの思い出を作ってきてほしいと思います。

で、生徒たちに聞いてみたんです。
班行動では、どこに行くつもりなの?
生徒あれっ、どこだっけな?
朝の集合時間と場所は?
生徒確か、駅だったと思いますけど何時だっけ?
どこ行くかも、何時に集合かも分かってないの!?(笑)
生徒一緒に行く友達についていけば分かりますよ
・・・

これ、聞いたの一人だけじゃないんですよね。
男の子も女の子も、聞いたら誰もが上のような返答。
大丈夫なのか!?(笑)
それこそ、本当に修学旅行に行くのか!?(笑)

時間に遅れず集合場所に着き、
無事目的地に着くことを祈るばかりです(笑)。

みんな、楽しんできなよ~!
その前に、ちゃんと集合場所に着きなよ~~~!!(笑)

やるべきことは何だろう

t-nakanishi

修学旅行の余韻が残る中、中間テストが行われています。

授業の時間より早く教室に顔を出す子も出てきました。

「あら、どうした??」声をかけてみると…

「テスト前だからさ。」と返事をする中3生。

 

いやいや、テスト以前に“受験生ですからーーーっ!!”

 

受験生だからっていうのは分かっていても、

学校や塾からの宿題以外何をやったらいいかわからない…という感じでしょうか。

大半の受験生はそうなのかな。

 

行動に移せるだけの課題が目の前に揃っていないと何をしていいのか分からないようですね。

 

テスト前は範囲表を見てワークをやったり、範囲内の単語を覚えてみたりとなんとなくやることがみつけられる。

 

じゃ、テストが終わってしまったら何をしたらいいのだろう。

 

やることが分からず時間だけが過ぎてしまうのはもったいない。

あと半年もないのだから、時間を惜しんで、効率的に学習を進めなければなりません。

 

すぐに期末対策にとりかかる…だけではなく、夏休みに学習したことを復習してはどうでしょう。

今更新しい問題集はいりません。

夏に使った問題集を解き直してみましょう。

 

もっと具体的にやるべきことを教えてほしい人は、教室に来てください。

学習アドバイス、進路相談だけでもお気軽にお越しください。

 

土産話!

h-nakanishi

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

教室内の中学生は、職場体験や修学旅行。
小学生は、社会科見学など
学校外の活動が多くあったので、子どもたちからは土産話をたくさん聞けています!

アタリの職場やハズレの仕事だったり、
台風通過中のホテルでの出来事だったり、
タクシーの大行列の話だったり、
工場でもらったお土産や修学旅行先で買ったものなど “土産話!” の続きを読む

書けるけど、読めない

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

いよいよ明日から近隣の中学校で
中間テストが始まります。
今日も自習に来ている生徒たちが
たくさんいます。

その中の一人、中1のSくん。
彼は「教室の住人になる!」と言って、
毎日のように教室に来て勉強を
頑張っています。
まあ、家だと寝ちゃうからという理由で
自習に来ているんですけども(笑)。

理由はともかく(笑)、前向きになり
行動を起こし、勉強を頑張っている。
これ、1学期にはなかった姿勢です。

中学校に入学して、あれよあれよと時間が過ぎ、
気づいたら中間も期末も終わってしまっていた。
振り返るとそんな感じだったようですが、
その1学期の反省を活かして計画的に
勉強をしているようです。

ただ、ちょっと気になることがあって。
先日、英単語の勉強をしていた時のことです。
『1月』~『12月』までを英語で何回も練習しています。
ひとしきり練習をした後、私に声をかけてきました。

Yくん先生、問題出して
良いよ、じゃあ7月は何て言うの?
Yくんちょっと待って。書けるけど、読めないよ
それじゃあ、覚えたことにならないじゃん!?

一生懸命練習して、確かに書けるようには
なっていました。でも、全く読めない。
それじゃあ、意味ないですよね。
そこから、一つずつ読み方を確認していったのは、
言うまでもありません(笑)。

もう一歩足りないYくんではありますが(笑)、
頑張っているのも事実。
中間テストの結果が楽しみです。

日本語検定の教材案内

t-nakanishi

日本語検定の受検に際し、対策用の教材も教室で購入できます。
ご希望の方は教室までお問合せ下さい。


公式練習問題集
基礎問題から実践問題への2ステップ方式で学べる,決定版練習問題集です。

1級:1,000円
2級:1,000円
3級:900円
4級:900円
5級:900円
6・7級:900円

公式過去問題集
前年度の問題を掲載した,受検に必須の問題集です。

1級:980円
2級:980円
3級:880円
4級:880円
5級:880円
6・7級:880円


公式領域別問題集
日本語検定出題の各領域に焦点をあてた問題集です。例題,練習問題,確認問題の徹底的な反復練習によって,苦手領域を短期間で集中的に克服します。

敬語:1,143円
語彙・言葉の意味:1,143円
文法:1,143円
漢字・表記:1,143円

 

検定日 11月10日(土)
時間  2級/11:00~12:00
    3級/13:30~14:30
    4・6級/11:00~11:50
    5・7級/13:30~14:20
場所 ONE STEP
申込期限 10月11日(木)

お申し込みを希望される方は教室にご連絡ください。

外部の方のご参加も可能です。

 

ある学年の話!

h-nakanishi

今回の担当は、
炊飯派の恩多町教室・教室長の中西です!

教室内の生徒の通うある学校・ある学年の数学の話。
テスト範囲も回収して、テスト範囲を確認すると、
この学年の数学の今回のテスト範囲はとても狭い!

こちらの年間計画で言うと3~4単元ほど遅く
例年に比べると少しスローペースです。
もちろん塾の授業では夏休み前にテスト範囲を予想して授業で扱っていたので、
夏休みの夏期講習は、今までの復習とテスト対策でテスト範囲の復習を扱いました。
夏休み明けテスト範囲が配られると、今後ほとんど進まないことが確定しました! “ある学年の話!” の続きを読む

炊飯?炊爨?

ONESTEP

こんにちは、学園長教室 教室長の白澤です。

一昨日、南中の一年生は遠足でした。
なんでも飯能まで行ってキャンプ場で
飯盒をしたんだとか。

感想を聞くと、みんな楽しかったと言っていましたが、
残念なこと?にそのキャンプ場には
洗い場もなければ、道具もないようでして、
皿持参。水はペットボトルに入れて持参。
具材は切ってタッパに入れて持参。

もうキャンプ場というよりは、飯盒などが
できるスペースがあるところに行ったと
いう感じなんでしょうね(笑)。

荷物は多いし、事前準備にも手間がかかって
相当大変だったようです。

さて。
先ほどから『飯盒(はんごう)』としかお伝えして
いませんが、皆さんはこの後に続く言葉
何を思い浮かべますか?

飯盒「炊飯(すいはん)」?
飯盒「炊爨(すいさん)」?

私が通っていた小学校・中学校では
飯盒炊飯と言っていました。
でも、先生として赴任した同じ県内の学校では
飯盒炊爨と言っていました。

ということは、地域性というか
場所によって呼び方が変わるということでは
ないんですね。
ちなみに、南中の生徒たちも「炊爨」と
言ってました。

それこそ小学生の時から「炊飯」と
認識してきた私にとって、「炊爨」と
いう言葉は受け入れがたいというか
どうもスッキリしないんですよね・・・(笑)。

これ、どっちが正しいのかと思って
調べてみましたが。
結論からいうと、どっちも同じ意味でした。

ただ厳密に言うと、
炊飯は、ご飯を炊くこと。
炊爨は、飯盒で食事全般を作ること。
を指しているようです。

小さい時の刷り込みって大きいですよね。
意味を調べて、どっちも広い意味では同じ
使い方をすると分かっても、やはり
炊爨(すいさん)は馴染めない・・・(笑)。

私はこれからも飯盒炊飯(すいはん)って言い続けようと
思います(笑)。
それに炊爨って漢字、書けそうにないですし(笑)。

ちなみにみなさんは、どっち派??

学校行事が盛りだくさんでも

t-nakanishi

恩多町教室のメイン中学校の3年生は、今日までが修学旅行です。

先日、台風で延泊して帰ってきた学校もありました。

修学旅行から帰ってくると2週間ほどで中間テストです。

大変ですね(笑)

 

でも、切り替えって大切。

修学旅行モードからバシっと切り替えてテスト対策できるかどうか。

テストの日程は決まっていて、刻刻と迫ってきます。

受験生にとってはあと2回のテスト結果で最後の内申が決まります。

まずは中間テスト。

たった二週間テレビ観なくても、携帯に触れなくても浦島太郎にはなりません。

 

夏休み中、これまでの生きてきた中で一番勉強したなぁと思っている子でも、

そのあと何もしなかったら抜けていくだけです。

しっかりと夏に学んだことを記憶にとどめるための学習をキープしてください。

 

中間が終わると、各学校は合唱コンクールの練習に入ります。

そしてそれが終わると…期末。

 

大変(笑)

ボーっと生きてんじゃねーよ!

h-nakanishi

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

タイトルにあるこのセリフしっていますか?
ボーっと生きてんじゃねーよ!
最近、教室内でこのセリフが使われることが多いです。
NHK 「チコちゃんに叱られる!」で5歳のチコちゃんが言うセリフです。

教室の授業はコミュニケーション型の授業なので
授業内外でいろいろな話が出ます。
小学生から高校生まで共通で投げかけて考えてもらえる話題として
番組内の疑問をそのまま使うこともあれば、考えさせる話題を降ることもあります。
「チコちゃん見た~?」
「○○についてどう思う~?」
と、なるべくたくさん考える機会を設けるようにしています。
その取り組みの一つにI think!をやっていたりします。 “ボーっと生きてんじゃねーよ!” の続きを読む