ブログ

顔で判断?

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

先日、こんなニュースがありました。
『顔写真だけで認知症判定・・・AI活用、正答率は9割』
2021.1.26 読売新聞オンラインより引用)

AIとは
『Artificial Intelligence(アーティフィシャル インテリジェンス)』
の略称。

Artificial=人工的な
Intelligence=知性
という意味で、人工知能と訳されますね。
このAI、最近では色々な分野・場面で
目にするようになってきました。

代表的なのが自動車の自動運転でしょうか。
プロの将棋棋士と対戦したAIソフトなども
話題になりましたね。

そのAIですが、なんと顔写真から認知機能の低下を
9割の正答率で見分けることができたと言うんです。
東京大学などの研究チームが発表したのですが、
顔だけで認知症を判定したのは世界初だそうです。

9割も見分ければ凄いじゃんとも思いますが、
逆に言うと1割は見逃しているということですから、
まだまだ実用化は出来ないようですが。
もし顔だけで判断出来るようになるなら、
(安全に、しかも安価に行えるのであれば)
こんなに素晴らしいことはないですよね。

AIが暴走して・・・なんて映画の世界のように
なってしまっては困りますが(笑)、
車の自動運転や認知症の診断などなど、
生活をよりよくするために
どんどん進歩して欲しいですね。

推薦入試お疲れ様!

h-nakanishi

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

都立推薦の今日、もちろん教室から受ける子もおります。
特に、今年は集団討論がなかったこともあり多くおりました。
倍率も高く出ましたね!
教室としては、都立一般入試を見込んで授業をしていて
前日も当日も特に推薦対策という授業の形はとっていなかったので、
今日も普通に授業に来る子も多くおりました!
ただ、内容は気になるもので・・・
「どうだった・・・?」 と聞いて回る前から
教室に入って来るなり “推薦入試お疲れ様!” の続きを読む

今年も行ってきました2021!

h-nakanishi

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

今年もやりました!
「室長、毎年勉強の神様にあなたたちの勉強をお願いしてきてるんだ~」
「今年も勉強頑張れますか?!」 と
新年の誓いを確認して鉛筆配りました~!

もう毎年のことなので・・・
「やった~! オレ去年のまだ持ってるよ! ほれ!!」 と見せてくれる子や
「オレはこれで4本目~! お前はまだ2本だろ~!」 と競争してる小学生や “今年も行ってきました2021!” の続きを読む

経験って大事

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

ちょうど一週間前の話になりますが、
先週の日曜に恩多町・学園町教室合同で
中3生の会場テスト(Wもぎ)を実施しました。

今年度、Wもぎは会場テストが実施されず。
またVもぎでは会場テストがありましたが、
定員に限りがあったので受けられない生徒も多く。
そんな状況でしたので、教室では会場テストを断念し
毎回教室実施としていたんですが。

当然、教室でとなると『慣れ親しんだ場』ですし、
周りも『見たことある生徒』ばかりなので。
これでは、なかなか本番の緊張感は
味わえませんよね?

会場テストの利点は、この緊張感にあります。
慣れ親しんだ場を離れ、周りを見ても
知らない人ばかり。

こういう本番と同様の雰囲気を作ることは
なかなか教室では出来ません。
そう、まさしく今回目指したのは
『本番の緊張感を味わうこと』なんです。

経験って大事です。
人間の頭は、初めての経験に弱い。
弱いというより、初めての事態に遭遇すると
頭が早く慣れよう・理解しようという方に
働くんですね。

初めての経験をした後って疲れませんか?
初めて行く場所・初めて体感すること。
そういう経験をした時って、とにかく
頭が働いているんです。
だから、肉体的な疲労に精神的な疲労も加わるので
どっと疲れるというわけ。

受験生がテストを受ける上で大事なのは
『問題を解くこと』ですよね。
問題を解くことに頭を働かせて欲しいのに、
慣れよう・理解しようと頭が働いてしまったら
100%のパフォーマンスを発揮できないかもしれません。

ですので、本番前に一度こういう経験を
しておくって大事なんです。
もちろん、本番同様の経験は本番の時にしか
味わえませんが、一度経験しておけば
必要以上に慣れよう・理解しようと
頭が働くこともありません。

実際、テスト後生徒たちに話を聞いてみると
電車のホームを間違えたとか、
時間より早く着きすぎちゃったとか、
テスト会場でだけでなく、行き帰りにも
様々な経験をしたようです。

うん、良いですね。
様々なことを体感出来たってことは、
それが『経験値』となって
受験本番に活きてくるはずですから。

生徒たちにとって、とても良い機会を作れたと思います。

卒検を通して…

t-nakanishi

小学生の卒検。

年明けて一旦動きが弱まり心配していましたが、ここにきてトップ争いが白熱しています。

現在、4つ合格している子がトップです。

自分が1番と思っている子が2人(笑)

今日、そのトップ2人が5つ目の合格を目指して自習しに来ていました。

 

見事に盛り上がっている様子をニヤニヤが止まらず見ていると、

「ひどいよー。」

と、言われちゃいました。

今日は2人とも合格となりませんでしたが、ライバルを見つけたようでさらにやる気になっていました。

 

そして、この2人を追いかける子がいます。

昨日、合格を出せずに心底落ち込んで帰っていきました・・・。

その子を励ます子もいます。

「また、次頑張ったらいいじゃん!」

 

感動。

一発合格がなかなか出ないこの卒検。

人によっては同じテストを5回も6回も受け続けています。

正直めげそうになることもありますが、

それを乗り越えて挑み続けた先に合格と自主学習の定着があるんです。

 

小学校卒業までおよそ2か月。

まだまだやれるぞ。

 

令和3年度 都立推薦入試情報<出願状況>

h-nakanishi

1月12日(火)~15日(金)都立高推薦入試の出願が行われました。

産業技術高専を除く推薦入試の募集人員8,768(前年度9,032人)に対し応募者数は24,348(同23,038人),応募倍率は2.78(同2.55倍)で前年度より倍率アップとなりました。
集団討論がとりやめになり検査の負担が軽減されたことが影響し2015(H27)年度より下がり続けていた倍率が上昇に転じました。
男女別募集の普通科男子は2.87倍(2.64倍),女子3.58倍(3.34倍)とそれぞれアップし,単位制普通科3.15倍(2.77倍),コース制は2.14倍(1.59倍)も上がりました。専門学科でも,工業科1.44倍(1.39倍),農業科2.26倍(1.95倍),産業科2.26倍(1.90倍)など主要な学科は軒並み上がり,総合学科も2.29倍(2.13倍)になるなど都立高全体で倍率アップしました。
また,定員割れとなった学校・学科・コースも前年度の14校23学科0コースから8校12学科1コースへと大幅に減少しています。
一方で文化・スポーツ等特別推薦は952人の定員で実施。応募者数は1,662人,応募倍率は1.75倍(前年度1.96倍)でこちらは前年度よりダウンしました。

 

<今後の予定>

1月26・27日(火・水)推薦入試・面接
1月31日(金)合格発表
1月29日(金)~2月4日(木)一般出願
2月21日(日)学力検査(高専・帰国生除く)
3月2日(火)合格発表(高専・帰国生除く)

 

 

   関連ページ;
    < 令和3年度 都立高校入試情報<募集人員等>  
    < 令和3年度 都立一般入試情報<出題範囲>  
    < 令和3年度 都立高校入試情報<日程>
    < 令和3年度 都立高校入試情報(東京都教育委員会)
      

寒いけど

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

本日は大寒(だいかん)。
一年で一番寒い日です。

今現在は風もなく穏やかな天気ですが、
夜は冷えますし、昨日みたいに風が強かったら
『寒い』を通り越して『痛い』に変わるくらい
一気に体感温度が下がりますよね。

教室では、コロナ感染症予防のため
授業前後で換気をするのはもちろん、
授業中も常時窓を開けています。

当然、それで体調を崩しては元も子もありませんので、
暖房・加湿器をつけ、万全の対策を取った上でのこと。

暖房効率を上げるには『湿度』が重要になってきます。
湿度が高いと(50~60%)体感温度が上がるのです。
ですから、教室の加湿器はフル稼働です。
(一日に何度水を補給しているか分かりません(笑))

ただ、万全の対策を・・・とは言っても、
やはり窓を開けているわけですから
寒さを感じないわけではありません。
乾燥もしてしまいます。

それでも。
生徒たちは文句一つ言わず
勉強に集中してくれているのです。

今まで様々な困難がありましたし、
これから先も大変な状況が続くと思いますが。
なんとか生徒たちが集中出来る環境を
作っていきたいと思いますし、
寒さにもコロナにも負けないようにしたいですね。

放課後の過ごし方

t-nakanishi

二度目の緊急事態宣言が出てから、近隣中学校では部活動が停止しています。

受験生は別として、中1・中2は学年末テストまでも時間があり、

放課後の時間を持て余しているのではないでしょうか。

 

時間があるからといってダラダラ過ごすのは勿体ないです。

学年末テストの対策として、学校ワークを進めておくのもいいでしょう。

この一年間の単語・漢字の復習をするのもいいでしょう。

漢検・英検の対策を少しずつ進めるのもいいでしょう。

1年後・2年後を見越して、高校調べをするのもいいでしょう。

 

教室も上手に活用してください。

普段、部活動があるから夜遅い時間に通っている子たちは、

学校が終わって早い時間に自習に来てみませんか??

普段会わない小学生が頑張って授業している姿を見て、

「あんなに小さな子も頑張っているんだ。」と刺激を受けるはずです。

また、受験生が追い込みで勉強している緊張感を味わってもいいですね。

 

コロナの感染が収まらず、長期戦になっています。

感染に対する緊張感が弱まることのないよう、消毒・マスクは徹底しましょう。

卒業・入学・進級の時期に、気持ち良くお祝いできるように・・・。

 

今年は共通テスト!

h-nakanishi

写真は、記事とは特に関係なくS先生提供の北海道一周ツーリング写真です。

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

毎年のことなので、昨年まではセンター試験としてブログの記事にもしていますが
先週末は初めての大学入試共通テストでした!
今年も受験生を送りだしました。

受験生対応についてはいつも記事にしているので
今年はちょっと視線をかえて受験生以外の子たちへの出来事を紹介します。
中学3年生の高校受験生へは、
「今日は大学入試共通テストなんだよ。 3年後受けるんだよ!」 と
受験を最大に意識している今だからこそ伝わることもあるので
高校受験は、通過点に過ぎないということを説明しました。

また、高校生へは “今年は共通テスト!” の続きを読む

頑張れ、受験生!

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

本日は快晴!
気温も20度近くまでいくとの予報。
昨日と比べて10度も最高気温が
上がっています。暖かいです。

今日・明日は『大学入試共通テスト』です。
共通テストとは、センター試験にかわって
新たに創設された大学入学試験。
大きな特徴としては、とにかく知識量よりも
思考力を問うものが多くなっています。

教室からも受験する生徒がいますが、
話をしているとやはり気になるのは
コロナ感染症のこと。

試験会場は大丈夫なのか。
それこそ、試験会場に行くまでの交通機関は
問題ないのか。
当然気になりますよね。

試験以外に『気にしなければならないこと』が
一つ増えるというのはなんとも気の毒な話です。
試験に集中しようと思っても、
どうしたってコロナのことは気になってしまいますよね。

まあ、受験生みんな同じ条件だ・・・と言えば
それまでなんですが、今年度は春からイレギュラーな
ことだらけですので、せめて試験の時くらいは
『試験だけ』に集中させてあげたかったんですが。

とにもかくにも。
今日・明日と2日をなんとか無事
乗り切って欲しいと思いますし、
100%の自分を出せるよう
頑張って欲しいなと思います。

頑張れ、受験生!!!