ONE STEP

個別指導の目標達成塾

ブログ

ピクトグラム

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

先日、何の気なしにネットニュースを見ていたら
こんなニュースがありました⤵

ピクトグラムに「文字」使う 物議(ねとらぼ 6/20(木) 7:00配信)

ニュース自体はそれほど気にならなかったんですが、
何故か『ピクトグラム』という言葉が気になり、頭に残りました。

ピクトグラム = 絵文字、絵言葉
くらいの認識しかなかったので、そういえば
ピクトグラム自体をよく知らないなと思い
調べてみることにしました。

ピクトグラムとは、直感的に理解できるシンプルな絵やマークのこと。
この『直感的に』ということが重要で。
言葉は分からなくてもそれを見れば、
一目で理解し行動出来るように促すものです。

似たようなもので、『ユニバーサルデザイン』があります。
こちらは、すべての人が利用できるような設備などのデザインのことを指します。
イメージとしては、ユニバーサルデザインを成す為の手段の一つが
ピクトグラムといったところでしょうか。

ピクトグラムは1920年代頃から始まったと言われています。
比較的まだ新しいものですね。
トイレのマークや非常口のマークなど、
文字通り『一目見て分かるもの』。

オリンピックでもピクトグラムは使用されています。
様々な国・地域から集まる祭典ですから、
当然『言語のギャップ』がありますよね。
それを埋めるために最適なものがピクトグラムだったのでしょう。

これ、勉強に関するもので作れないですかね?
あるピクトグラムを見たら、計算ミスに注意しないといけないとか、
この公式は覚えないといけないとか(笑)。
そういうものをノートやテキストに貼っておく(表示しておく)。
そんなピクトグラムがあれば、もっともっと
良い授業が出来ると思うんだけどなぁ~(笑)。

関連ページ;
アンテナを立てて

ジェネレーションギャップ

t-nakanishi

とあるベテラン講師と中1の女の子の会話が面白かったので。

 

ベテラン講師は教室で一番年配の講師です。

一緒に仕事をするようになって15年近くなりますが、年々話題がかみ合わず唸っています。

新聞を読まないことを嘆いていた頃もありましたが、

今はそもそも新聞購読をしている世帯が減っているため言わなくなりました。

英語の単語調べは電子辞書ではなく紙の辞書でやってほしいと熱弁していた頃もありましたが、

“アレクサ”に聞いちゃったり“グーグルさん”に翻訳してもらっちゃう子もちらほらで以前ほどは言わなくなりました…。

 

便利な時代が子どもの能力を下げることを嘆いてます。

でも、そんな時代の子どもたちとの関わり方も上手な講師です。

社会が苦手な生徒に興味関心を持ってもらいたいからと、YouTubeで歴史を歌にまとめた動画を観て紹介してくれたりもします。

 

その講師が都道府県の特産物を知るのに、百貨店で開催している物産展に行くことをお勧めしたことが始まり。

生徒「百貨店ってなーに?」

講師「え、百貨店分からない?いろんなものが売っているお店だよ。」

生徒「・・・百均?ダイソー?」

講師「違う違う。デパートだよ。デパートメントストアよ。」

生徒「イオン?」

講師「ん-、そうじゃないなぁ。デパ地下って聞いたことないかな?地下においしい食品が売っているんだけど。」

生徒「クルネ?」

講師「違うなぁ。昔は屋上に遊園地あったりしたとこもあるんだよ。」

生徒「えー、すごーい。ららぽーと?」

講師「・・・。」

 

百貨店は伝わらないなぁと思いましたが、デパートも無理か(笑)

テスト範囲表ココ見てる?!

h-nakanishi

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

このブログでも何度も紹介していますが、
今回はテスト範囲表についてお話します。
教室ではテスト範囲表は1日1分1秒でも早く回収したく
子どもたちには配布前から 「範囲表出た? 持ってきた? いつ配るって??」
毎テストで声掛けし回収しています!

回収し、分析し終えると期末テストを初めて受ける1年生にお話しました!
「テスト範囲配られたら、ココ(“学習のポイント”)を見るんだよ!」
ココに勉強の仕方書いてあるんだよ!」 と
範囲表の見方も伝えていきました。

この範囲表でみるべきポイントは!
①テスト範囲(教科書〇ページから●ページ)
②提出物
③テスト日程 が大事な情報です。
ここまではみんな結構見ているのですが、今日伝えたいのは
だいたい右側にある欄の【学習のポイント】です!
ここをしっかり読み込んでいない子が多いです!

【学習のポイント】には “テスト範囲表ココ見てる?!” の続きを読む

ちょっと外行ってきます

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

期末テストまで1週間を切り、
中学生は勉強に全力集中している時です。

が。
先日もお伝えした通り、部活動がまだあるので
生徒たちは精一杯体を動かしてきてから塾に来ます。
加えて、学校ではプールも始まったようで・・・。

先日、ある生徒の授業を担当していた時のこと。
分からない問題があるというので、説明をしていたのですが。
最初は、「分かる」「あっ、そういうことか」と相槌を打ってくれていたのですが
途中から声が聞こえなくなったんです。
見ると、うつらうつらと眠そうにしているじゃないですか。
お~い、大丈夫かー!?」と声を掛けるとハッと目を覚まして。

私も学生時代は運動部でしたのでよく分かるんです。
一度眠くなってしまったら、簡単なことでは眠気は取れませんよね(笑)。
生徒も頑張って授業に集中しようとするのですが、眠気には勝てず。

一度、顔を洗ってくるかい?そしたら少しシャキッとするんじゃない?
と言うと、
いや顔を洗っても効果がないと思うので、ちょっと外行ってきます
と言って、教室から出て行ってしまいました。

外の空気を吸って、気分一新出来たのかどうかは分かりませんが・・・(笑)
戻ってきてからはしっかり授業に集中出来ていました。
顔を洗うより効果あるのかな??(笑)

関連ページ;
勝っちゃった??
舐めてました・・・

窓越しのおしゃべり

t-nakanishi

教室に入ってきた生徒とおしゃべりをしていると、窓の外から懐かしい顔が。

昨年中学受検をした生徒でした。

こちらに手を振り、通り過ぎていきました。

卒業しても私立中に通っても生活圏内には変わりないので、よく学校帰りの様子は見ていました。

おしゃべりをしていた生徒が授業のため私のところから立ち去ると、

どこかで見計らっていたのかさっきの子が窓をトントンとたたいてきました(笑)

「あれ??さっき帰らなかった?」と聞くと、

「うん。でも、まっすぐ帰ってもつまらないから戻ってきた。」と。

どうやら朝、家族とケンカしたらしく、それもあってか家に帰るのも気まずいのかな??

せっかくなので学校の様子を教えてもらいました。

 

体育祭は青団で、青い服を着て、髪の毛を青く染めて参加したこと

部活は2つかけ持っていること

学食は500円あれば大盛りを美味しく食べられること

月曜日は学校が停電したから休校になったこと

自由な学校だけど、授業だけはサボらないと自分で決めたこと

夏にキャンプがあって、その実行委員に立候補したこと

などなど・・・

とにかく楽しいと、キラキラした表情で教えてくれました。

 

小学生でみんなが学区の中学に流れる中、自分で受検することを決めて努力し、

入った先の学校で目一杯楽しめていることを聞けてとても嬉しく思いました。

 

卒業生が窓をトントンたたいて、窓越しにおしゃべりをする。

これ、定番になっています☆

もちろん上がってもらってもいいのですが、

なんとなく、窓越しでのおしゃべりが楽しくて好きな時間です。

教室の空気感が窓の外からたくさんの人に伝わるといいなと思ってもいます!!

 

【2024年】夏期講習について

h-nakanishi

夏期講習日程についてお問い合わせもいただいておりますので、ご紹介させていただきます。

講習期間;7/ 1(月)~8/31(土)
夏期休校;8/11(日)~8/15(木)
授業時間;9:00~19:40(6コマ) 注)時間割は自分で作成できます。
グループ授業;16:00~17:00(平日) 

ONE STEPは、個別指導なので、夏期講習につきましても通常授業と同様に生徒ごとに個別の学習プランを作成し、受講いただきます。
夏期講習期間中の学習内容や回数を決め、その回数を上記の講習期間内で自分で自由に時間割を立て授業を進めていきます
自分で、時間割(日程表)を作成するので、家族との旅行や部活や他の習い事などとの調整もできます。

夏期講習や授業内容についてご不明な点はお問い合わせください。

新規生徒募集中です!
あなたの目標達成を全力でサポートいたします!

 関連ページ;
【2023年】年夏期講習について(日程)
【2023年】夏期講習について(小学生)
【2023年】夏期講習について(中学生)
2019年夏期講習受付中

勝っちゃった??

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

各中学校とも、そろそろテスト1週間前になっています。
1週間前になれば部活動も停止となるので
テストに集中出来るはずなんですが。

ちょっと今だけは状況が違います。
運動部に所属している3年生は、今回が最後の大会となるので
テスト前だろうが関係なく部活があります。

当然最後の大会ですからね。
勉強はもちろんですが、部活も精一杯最後までやりたいはず!
・・・と思って生徒に聞いてみたんです。

私「もう部活停止になった?
生徒「大会に勝ち残っちゃったんで、まだあります
私「・・・ん?勝っちゃった??
生徒「いや、間違えました・・・。大会で勝ち残る事が出来たので、まだまだ部活を続けられます(笑)
私「そっか(笑)

どうやら、勝ち残りたくなかったのに
『勝ってしまった』がためにまだまだ試合が続くとのこと。
私が想像していたのとは違う反応でした。
もうちょっと部活に集中しているのかと思ったんですけど(笑)。

まあテストがあると言われれば、それが気にならない方が
おかしいですからね。
決して間違った反応ではないと思うんですけど。

それこそ私が学生の頃は、夏休みに入ってやっと夏の大会(最後の大会)が
始まる感じだったので、夏休み前にほとんどの生徒が引退する
今の生徒たちが羨ましくもあり、可哀そうでもあり。

とはいえ、やっぱりこれで引退になっちゃうわけですから
勉強も頑張って欲しいけど、部活も精一杯やり遂げて欲しいですね。
悔いのないように。

小学生もテスト直し

t-nakanishi

恩多町教室では小学生にもテストを持ってきてもらっています。

学校で受けるカラーのテストです。

「100点取れたよ~。」って自発的に持ってくる子はもちろんいましたが、

昨年度より持って来てくれたらポイントをつけてあげるようにしたんです。

そしたら、100点じゃないテストも学校から帰されたら教室に持ってくる…という流れが簡単にできました★

教室としてはテスト結果を点数だけでなく確認できるのでありがたいです。

小学校のテストって配点が高いので、正直、もったいないミスでも90点だったり95点だったりしちゃいますよね。

例えば文章題で立式も合っていて、答えの数字も合っていたけど、単位をつけ忘れて95点という子がいました。

「先生厳しいね~。でも、文章題では単位を付けることってとっても大事なんだよ。」

と振り返ることができます。

他にも、字を丁寧に書くように言っていた子が、漢字の書きで飛び出しては

いけないところがちょっと飛び出て×ついていることがあり

「ほーら。毎回言ってるじゃん。

普段から丁寧に書いておかないと、テストのときに焦るとそうなるんだよ。」

と反省を促すことができました。

日ごろ国語・算数で満点に近い点数ばかり取っている子が、

社会のテストだけ点が低いことを知ることもできました。

今まではいい点数のものしか見てなかったので、社会が嫌い・苦手なことが判明。

普段算数を担当してくれる講師が、サラーっと社会の解説をして、参考になる番組の紹介までしていました。

 

子どもたちは持ってくるだけでポイントがつくから、喜んでみせてくれます。

教室としてはテストを通して、いろんな話をするきっかけになりいいこと尽くめです☆

フラッと寄って!

h-nakanishi

写真は、記事とは特に関係なくS先生提供の北海道一周ツーリング写真です。

今回の担当は、
恩多町教室・教室長の中西です!

テスト前にもテスト勉強と質問で来てくれた子いましたが、
先週今週も卒業生の高校生が遊びに来てくれました!

「室長! 上がっていい?」
「おー久しぶり~ 制服じゃん! いいよ上がりな。」
「テスト結果出たから持ってきたよ~」
「おー 見せて見せて。」
「テスト思ったより簡単だったよ! 安心した~」
「おー 英語良いじゃん! 鍛えた甲斐があったな。」
「友達もいっぱいできて楽しいよ! 私この学校選んで良かったわ。」

窓をコンコンとして窓越しに・・・
「今日、部活なしで早く帰ってきたから寄ってみたよ!」
「部活なかったらいっつもこれくらいの時間??」
「テスト前は学校の自習室で自習するから、やっぱ帰るのは遅くなっちゃうんだよね~」
「部活はどうよ?!」
「初心者多いから、オレうまい方だよ!」

「しつちょー 今日〇曜日だから◎◎先生いる日~? 会いに来たー!」 “フラッと寄って!” の続きを読む

自信を持つ

ONESTEP

こんにちは、学園町教室 教室長の白澤です。

先月、中間テストが終わったばかりだというのに
もう期末テストに向けて勉強を始めないといけない生徒たち。
合間に運動会があったり、部活の試合があったりで
本当に忙しい毎日です。

ただ、大変だ~、時間ない!!と嘆いていても
テストは待ってくれませんので、忙しいのは
重々承知していますが、テスト勉強を進めるよう
生徒一人ひとりに声掛けをしています。

先日ある生徒に、期末に向けて
勉強が進んでいるか聞いてみると。

やらないといけないのは分かってるんだけどね・・・。
という返事。
せっかく中間頑張って満足のいく結果を残せたんだから、今回もそれに続こうよ
と伝えると、
そうなんだよね。中間良かったんだよね。
とまんざらでもない様子(笑)。
社会なんかさ、今までで一番良かったんだよ!凄くない?
中間を終えて、もの凄く自信をつけたみたいなんですね。

私もやれば出来るんだ。という自信。
自信を持つのは良いことです。

うん凄い。中間はよく頑張ったよね。でも・・・
と私が言いかけると
待って!分かってる。全部言わないで
と私が言おうとしたことを遮ってきました。
そう、自信を持つのは良いことだけど
いつまでも『そこ』に居ちゃダメだという話を
何度もしてきてるんですよね。

過去の結果は未来を『約束』してくれるわけじゃない。
自信を持つのは良いこと。それを次につなげられれば『本物』になる。

もちろんこんな難しい伝え方はしていませんが(笑)
前の結果が良くても悪くても切り替えて次に向かって
動き出さなければいけません。

さすがに私に同じようなことを何度も言われているので
もう言うな。分かってる。
となったんでしょう(笑)。

それこそ期末でまた満足のいく結果を残せれば
自信が確信に変わると思います。
気を抜かず、適度に休みながら、期末に向けて
行動していけるようサポートしていきたいと思います。